冬の光

我が家のワイルド極まりないモッコウバラ。
なんにも手を加えてあげられなくて申し訳ないけれど
持って生まれた生命力の強さで
好き放題に枝を伸ばし
ずんずん大きくなって茂ってくれました。



冬の日中
太陽の光がガラス越しに
モッコウバラの姿を映し出してくれます。

影絵のよう。

冬は太陽の光がいい仕事してくれます。
ありがたい。

ストローバスケット 横長と四角。新入荷です。

ストローバスケットに横長タイプと四角タイプが仲間入りしました。
http://dunia-africa.com/?mode=cate&cbid=1506647&csid=10




横長タイプは、全体の形のバランスがとても美しいバスケットです。




四角タイプはお出かけにぴったりだと思います。


3種類のストローバスケット。
どの子たちも、とってもいいですね*



kenya tea

寒くなってきました。
生姜をたっぷり入れたスパイスチャイで温まって下さい*
http://dunia-africa.com/?pid=81308222



ここ数年
生姜パワーを身にしみて感じます。
自然の力をかりて
体を調整することの素晴らしさに感動します。


布を使いこなす

アフリカの布。



1枚の四角い布。
本当に単純なたった1枚の布で
アフリカの女性達はオシャレをしたり
子どもをおんぶしたり
荷物を運んだり
カーテンにしたり
タオルにしたり
暮らしの中で色んな使い方をします。

「布を使いこなす」

日本のように便利な物はほとんど無いけれど
便利に使う術をたくさん持っているアフリカの女性達。
かっこいいです。


コーヒーテーブル

コーヒー発祥の地「エチオピア」。

エチオピアでは「コーヒーセレモニー」という
日本で言う「茶道」のような文化が伝統としてあります。

今回入荷した「コーヒーテーブル」は、このコーヒーセレモニーの時に使われてきた物です。



http://dunia-africa.com/?mode=cate&cbid=1754527&csid=2

年代・木の種類などは不明ですが、
その佇まいは、時間の経過で角が取れ
色合いに深みを増し
存在感の凄みを得ながらも
良い歳月を重ねて、愛嬌という表情を得た
とてもチャーミングなテーブルです。

存在感のある、力強い、
とてもアフリカらしい特徴を持った物ですが
「和」も感じるのは
やはり、人間という同じ動物が「暮らす」という営みの中で
道具を大切に使うという共通の想いをそこに込めているからなのかもしれないですね。



遠足

今日は長女のとても楽しみにしていた秋の遠足でした。
昨日、一緒にお弁当のおかずやおやつを買いに行って
準備をしていたのですが、昨夜発熱し泣く泣く今日の遠足を欠席して
家で過ごしていました。
「じゃあ、おうちで遠足しよう♪」ということになり
お弁当を平らげ、買っておいた遠足のおやつを食べ始めました。
すると、買った2個の10円ガムがどちらも「あたり」!!



しょんぼりしていた娘。
これですっかり元気になりテンションアップ!
また夕方熱が出そうですが。。

それにしても、くじ運のいい我が家の長女。
駄菓子屋さんのお菓子を買うとかなりの確率で「あたり」がでます。
スーパーのくじ引きを引いても、洗剤が1本「あたり」ます。
お祭りのチョコバナナ屋さんでジャンケンポン♪で勝ってもう1本「あたり」ます。

なんでだろう。
娘にあやかろうかな♪

いやいや。ダメダメ。
大人は欲が出ます。(笑)



karibu〜♪chai!



「karibu〜♪chai!」
(カリブ〜♪チャイ!)

タンザニアの
小さな山あいの町の
小さなホテルの一室を
住居として使わせてもらっていた頃

毎朝、出勤前にロビーを通る度に
受付のおばちゃんや警備をしているマサイ族のお兄ちゃん達が言ってくれた
「お茶どうぞー」の言葉。

「カリブー♪チャイ!」



現地の会議や少しお堅い集まりでは
「soda」
いわゆる冷えていない炭酸飲料が
ガラスの瓶そのままでふるまわれるのだけれど
これが出てくる時は
「あ。今、私は特別なお客さんなのだなあ」と感じていた。


「sodaソーダ」と「chaiチャイ」


どっちもおいしかったけど
いつもカラフルなプラスチックのカップからこぼれるほど淹れてくれた
熱いチャイの味がやっぱり懐かしい。


「karibu〜♪chai!」

ホテルの人たちが言ってくれてた言葉が
10年経った今、心に穏やかな音で響いてます。




トンネル

先週末、家族で蚤の市に出かけました。
本当にそれぞれのお店が個性的で、欲しい物がたっくさん!
とてもいい刺激をもらいました*

蚤の市を楽しんだ後
ぷらぷら、通りを歩いていると
素敵なカフェを発見!




(↑これは、カフェの隣にあった何かのお店のシンプルな看板?的な表示。
素敵です* 閉まっていたので、次は行ってみよう。)



白いトンネルの先に見える
オレンジの暖かい光の灯る入口

中に入ると、
ボーダーのTシャツとベレエ帽と黒ぶちの丸い眼鏡をかけた
にこやかな笑顔で案内してくれる素敵なおじさま。
おいしいケーキとコーヒー。

ジブリの魔女の宅急便のような世界のカフェでした。

トンネルをくぐると
異次元に行ける感覚がして
おもしろいです。




オリーブ木皿のボウルと四角プレート

オリーブ木皿の
ボウルと四角プレート。
新入荷です。

http://dunia-africa.com/?mode=cate&cbid=1506646&csid=3

ボウルはお味噌汁を入れるお椀と同じくらいの大きさです。

ぽってりとした厚みのあるこのボウルに
温かいシチューを入れて家族に出してあげると喜びそうですね*



四角プレートは、和食にも合いそうです。



オリーブの木の器は見た目も可愛らしいですが、
持った時の手に伝わる肌触りが何とも言えない暖かい感じで
ホっと心が癒されます。


モロッコキリムのクッションカバー

モロッコキリムのクッションカバー。
http://dunia-africa.com/?mode=cate&cbid=1545676&csid=1






モロッコという遠い国で
大切に暮らしの中で使われていたキリム。
ラグとしての役目を終えた後、
もう一度、大切に使える所だけを切り取って
クッションカバーとして作り変えられました。

経てきた時間をなんとも言えない味のある独特の雰囲気に変えて
また、使う人々の心を深く受け止めてくれる
懐の深いクッションカバーです。

完璧な美しさも良いけれど
やっぱり、こういう色んな事を含んでいるような懐の深い美しさに憧れます。


<< | 2/5PAGES | >>

Dunia webshopへ

calendar


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

NewEntry

selected entries


categories


archives



profile

search this site.

others